HOME / メンタルヘルス対策関連

 近年、経済・産業構造が変化する中で、仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスを感じている労働者の割合は、60.9%と働く人の約6割に上り、過去一年間にメンタルヘルス不調により連続一ヵ月以上休業又は退職した労働者がいる事業所の割合は8.1%となっています。(厚生労働省平成24年度労働者健康状況調査)精神障害による労災認定状況においても、平成28年度には498件(うち自殺(未遂を含む)84件)となっています。また、労働者の自殺者数は年間8,000人超で推移しています。
 このため、職場における心の健康づくりは重要な課題となっていますが、多くの職場では、取り組み方が分からない(31.6%)、専門スタッフがいない(22.4%)等の理由で、取り組みが十分でないのが現状です。(同労働者健康状況調査より)
 また、平成26年6月25日に公布された「労働安全衛生法の一部を改正する法律」において、従業員がメンタルヘルス不調者となることを未然防止する「一次予防」を目的としたストレスチェック制度が新たに創設され、平成27年12月1日より施行されています。

 これらの、心の健康対策への取り組み方が分からないという経営トップの皆様、「メンタルヘルス対策相談員」による相談対応のほか、メンタルヘルス対策促進員が皆様の職場を訪問し、メンタルヘルス対策の導入や実施等についてアドバイスを行います。

 ご気軽にご利用ください。

excel形式(zip圧縮:8KB) word形式(zip圧縮:25KB)
pdf形式(98KB) pdf形式(208KB)

業務内容

 面談・電話・FAX・メールにより、メンタルヘルス不調の予防から職場復帰までのメンタルヘルス対策全般について相談・問い合わせに応じます。
 また、職場を訪問してメンタルヘルス対策導入や実施について専門家がアドバイスします。

 例えば、事業場には、以下のような内容について助言いたします。

  • 心の健康づくり計画はどのようにつくればよいか。
  • 職場復帰プログラムはどのようにつくればよいか。
  • 社内のメンタルヘルスに関する相談体制づくりてはどのようにすればよいか。
  • ストレスチェック制度の体制づくりはどのようにすればよいか。
  • メンタルヘルスに関して従業員に理解させるにはどうしたらよいのか。
  • 社内スタッフや従業員への教育・研修はどうしたらよいのか。

 提供するサービスは全て無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

相談員予定表

 メンタルヘルス対策相談員による相談日は相談員予定表をご覧ください。

Last Update 20180525